七星に願いを

親子を心身自立関係に向けて支える専門家*NanaseMのブログ

七星の願い

専門家としてチームボイスマルシェに参加しています!匿名相談受付中! 電話カウンセリング ボイスマルシェ

10月末まで

心理カウンセラー 七星 睦美 です。

私が所属する 女性専用電話カウンセリングボイスマルシェ」、8月スタート新カウンセラーの25分お試しコース週1席限定無料10月末までとなりました!

スタートしてから1ヶ月以上経過し、私はまだあまり結果に繋げることができていませんが、ありがたいことにブログを通じて知り合うきっかけとなった方々、友人からも励ましや依頼の声をいただき感謝しています。

ちょっとした悩みから長年ツラい状態の方まで、七星の電話カウンセリング体験をしていただく機会になればと思い、お知らせさせていただきます。

 

ニックネームと守秘義務について

七星と電話…ですが、相談者登録はニックネームOKなので、相手が読者さんだとしても、心当たりのあるニックネームだとしても、名乗られない限り私は相談者がどなたなのかを知ることはできません。

相談時に名乗っていただくのも、知らぬ間に…というのも大歓迎です。

守秘義務がありますので、もし名乗られてもブログ上で悟られるようなやり取りは絶対にいたしませんので、ご安心ください。

ただ、そのご相談が体験談に繋がる結果となれば、本ブログでご紹介させていただきたいので、登録ニックネームについてはご承知おきください

 

どのような方のため?

私は親子関係や子どもの自立などが専門ですが、幼少期→反抗期→親子の信頼関係→心身自立というように、幅広い年齢層に対応しています。

イメージしていただきやすいように、私の頭に浮かんだ例を挙げます。

「娘/息子の不登校(園行きしぶり)で悩んでいるが、これ以上職場に迷惑をかけられない状況」

「子どもの幼稚園/学校の役員をしているが、役員同士の人間関係に悩み、子どもにも悪影響が及んでいる」

「娘が子ども(孫)の反抗期で悩んでいる様子が、母として祖母として心配で放っておけない」

不妊治療をしているが、母から妊娠出産のことばかり問われてうんざり」

「高齢の母/父が一人暮らしをしているのが気がかりだか、大丈夫だと言って聞かず、同居や頻繁な行き来が難しい状況をどうすべきか」

心療内科/精神科で診断を受け治療をしているが、コロナ禍で今後のことを考えると子どもの感染など不安なことばかり」

など…「親子関係」と一言でまとめても、中を覗くとかなり多分野の悩みが該当すると思います。

20歳以上の女性ならご相談が可能です。

 

限られた時間で多くを得るために

まず、人それぞれ抱えているものは違うので、この記事の中では「負担」と呼ぶことにしましょう。負担を抱えているという風に感じておられる方は…

こちらへどうぞ ↓

七星 睦美 自己紹介ページ

専門家としてチームボイスマルシェに参加しています!匿名相談受付中! 電話カウンセリング ボイスマルシェ

 

こちら ↓ もご覧いただけると幸いです。

 

そして、あなたもよかったらイメージしてみてください。

負担の正体→「モヤモヤしている」or「見えているが拭えない」

負担を手離すには→「共感(傾聴)してほしい」or「ヒントがほしい」

負担がどうなってほしい→「乗り越える方向」or「自分らしい方向」に踏み出したい

以上の3つにはっきりと即答できるあなたなら、比較的早く方向性が見えてくるのではないかと思います。

これらを踏まえて、ご相談したいことを指定文字数以内にできるだけ多くの情報を詰め込んでいただけると、現状把握がスムーズに時短になります。

 

詳細については…

「ボイスマルシェ」ホームページへどうぞ ↓

 

七星の願い

最後に七星が大切にしている想いをお伝えします。

 

この仕事を始めることはもちろん私自身が決めたことですが、大きな決断は誰も迷うもので、私は、メンタル面でいつも支えていただいていた方に相談しました。

その方は「七星さんなら大丈夫」と背中を押してくださったので、自信をもって踏み出しました

 

これが最期でした…

その方にお会いすることもお話しすることも、もうできませんが、応援してくださっていると信じて前へ進んでいます

 

通りすがりなどの場合は別ですが、ご縁がありお話ししている目の前の人ともう二度と話すことはないかもしれない、という風には思いたくないのです。

だからこそ、相手の方にもまた話したい(ネット上でのやり取りも含めて)と思っていただけるように、これが私が一番大切にしている気持ちです。

 

最後まで読んでくださったあなたが、もし何らかの負担を抱えられているなら、私は決して、共に抱え込むのではなく、その負担が少しでも軽くなるきっかけになれれば、そしていつか喜びを共有できればと願っています。